FAQ よくある質問

確認したい項目をクリックすると、回答が開きます。

GigaCC トラスト便

利用に当たり、専用のソフトウェアが必要でしょうか。

不要です。インターネット環境とブラウザがあればご利用いただけます。

CLOSE
GigaCC トラスト便を利用する場合、申し込みから何日後に利用できるのでしょうか。

お申し込みいただいてから2営業日後からご利用いただけます。お急ぎの場合は、柔軟に対応いたしますのでご相談ください。

CLOSE
送信できる通数に制限はありますか。

送信通数に制限はありません。また相手先にアカウントが要りませんので宛先も無制限にご利用いただけます。なお保管ディスク容量は100GBまでとなっております。
※一度に送信できる宛先件数は1000件までとなります
※送信箱、受信箱のデータ保有期間(最大8日)に蓄積した総データ容量が100GBのデータ保管容量を超える場合は新規送信はできません

CLOSE
データ保管期間は変更できますか。

最大保有期間内(8日)であれば変更可能(※)です。履歴ログは管理者領域にて最低1年間保管しており検索可能です。
※オプション一時費用が発生します。

CLOSE
送信相手先にアカウントが必要ですか。

不要です。相手のメールアドレスがあればセキュリティを保ちながら、簡単な操作で送信することができます。

CLOSE
送信できるファイルのサイズはどれくらいですか。

1回の送信で、最大合計2GBまでのファイルを送信することが可能です。

CLOSE
フォルダ単位で送信することは可能ですか。

スマートアップロード機能をご利用いただくことで、複数のファイルやフォルダをドラックドロップで選択し、一度に送信することが可能です。

CLOSE
海外の拠点と利用したいのですが、英語にも対応しているのでしょうか。

管理者画面は日本語/英語に対応しています。さらに利用者画面・通知メールは日本語/英語に加え中国語にも対応しています。 また中国・ASEAN地域との安定的な送受信を実現する、アジアンゲートウェイ(※)をご利用いただけます。
※オプション機能となります

CLOSE
ファイル送信時、送信宛先を制限したり、上長による確認を必須とすることは可能でしょうか。

送信先のドメインをホワイトリスト・ブラックリスト化し、制限することができます。 また上長承認機能によって、設定した上長による承認行為を必須化することも可能です。

CLOSE
監査対策で詳細な履歴ログを収集・保存する必要がありますが、対応していますか。

監査対策やトレーサビリティ対策として、履歴ログ検索機能を標準で提供しています。履歴ログは最低1年間保持しております。 加えて送受信した実ファイルをすべて保存できる、全件バックアップ機能(※)を提供しております。
※オプション機能となります

CLOSE
自社ネットワーク環境や仮想化環境で構築・運用することは可能でしょうか。

オンプレ型でお客様専用にご利用いただける上位ソリューション、GigaCC OFFICEがございます。 詳しくはこちらよりお問い合わせください。

CLOSE

電話お問い合わせ先

オンラインお問い合わせボタン

PAGE TOP