COLUMNコラム

2016.06.06

EVENT

一休さんも解けなかった!?メッセージ。「ファイルを送らないファイル送信」。その真意とは? ~「第7回クラウドコンピューティングEXPO春」出展報告~

先日開催された「第7回クラウドコンピューティングEXPO春」(5月11日~13日/東京ビッグサイト)に出展致しました!

来場者数は計89,285人(主催者:株式会社リードエグジビションジャパン調べ)。会期3日間とも朝は交通機関の乱れがあり、各ブースのスタッフはバタバタしていましたが、昨年よりも来場者数は多かったようです。

弊社ブースでは企業向けオンラインストレージ「GigaCC ASP/OFFICE」、コンテンツ配信サービス「GigaCC View」をご紹介致しました。今回のコラムでは、弊社ブースで感じた、「イベント来場者の方が注目されていたポイント」についてお伝えしたいと思います。

「ファイルを送らないファイル送信」?

早速ですが、来場者の方から最も多く頂いた質問がこちらです。

「あれはどういう意味ですか?」

resize_column1.jpg

「それはですね・・・」(弊社商品開発担当者説明中)。↓

resize_column2.jpg

「ファイルを送らないファイル送信」とは「GigaCC View」のキャッチコピーです。「GigaCC View」は配信相手先には実際のファイルを渡さずに、ストリーミング形式でその中身だけを閲覧させることで、セキュアにコンテンツを配信することが出来るサービスです。

カメラやスクリーンショットによるデータ流出対策として、任意の文字を透かしとして埋め込むことが出来たり、不正な転送を防ぐ目的として、ファイルのダウンロードを禁止する等、様々なコンテンツコントロールが可能です。

「多店舗向けの販売マニュアルの受け渡しに使えそう」「社外秘資料、社員向け研修動画の配信に良いかもしれない」等のニーズが多いようでした。

最近では、APIでの提供も開始し、「第7回クラウドコンピューティングEXPO春」では特に、多くの反響を頂きました。

「GigaCC View」製品サイトはこちらよりご覧ください。

API提供詳細に関してはこちらよりご覧ください。

注目のキーワード:○○分離

また、他にもこれまで出展したイベントに比べ、多くのご質問を頂いたキーワードがありました。

それは「ネットワーク分離」です。

2015年6月以降、総務省やIPA(独立行政法人情報処理推進機構)は業務用端末をインターネット環境から分離するよう推奨しています。
しかし、分離したネットワーク間でファイルの受渡しを行いたいというニーズはあり、受け渡しする方法が課題となっているケースが多いようでした。

参考ページ:ネットワーク分離環境で実現するセキュアなファイル受渡し

弊社サービス「GigaCC OFFICE」でもこのような課題が解決できます。お困りの際はこちらまでお気軽にご相談ください。

今後は、幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2016」(2016年6月8日~10日)、「第7回クラウドコンピューティングEXPO秋」(2016年10月26日~28日)に出展する予定です。

ぜひご来場お待ちしております!

トライアル申込み|日本ワムネット

オンラインでのトライアル申込み

PAGE TOP