ファイル共有機能

フォルダ/アカウント単位で柔軟な権限設定が可能。
企業間での大容量ファイル共有に最適なファイル共有機能。

例えば部署単位でディレクトリ(フォルダ)を作成し、アクセス権を管理。さらにはユーザー固有にアクセス権を設定するなど、企業間取引に求められるファイル共有機能を提供します。

ファイル共有機能概要

ファイル共有機能について

  • 直観的な操作で、セキュアに社内外との共有フォルダ運用を実現
    アクセスコントロールされた共有領域に、簡単操作でファイルやフォルダをアップロード。
    ディレクトリ単位、アカウント単位で柔軟な権限設定(参照、読込、書込、削除)を行うことができます。
    「スマートアップロード」機能を利用すれば、ドラッグ・ドロップでファイルやフォルダをアップロードすることも可能です。
    またWebDAVにも対応していますので、スクリプトを利用した自動登録・自動収集も行えます。
    アクセスコントロールだけではなく、ロック機能、アクセス期限やパスワード認証の設定によって、利用ユーザによる意図しない情報へのアクセスを制御することができます。
  • ファイルを渡さないファイル共有を実現 new2.png
    相手に実際のファイルを渡さずに、中身のみを共有・閲覧できる「GigaCC View」と連携することができます。
    外部とセキュアなファイル共有を実現しながら、特定の相手先(ゲストユーザー)には閲覧専用でファイル共有することが可能です。共有先によるPDFやOfficeファイル・動画などの閲覧は、特別なプラグインやアプリケーションを使用せずに、ブラウザのみで行うことができます。
    また、カメラやスクリーンショットによるデータ流出対策として、任意の文字を透かしとして埋め込むことも可能です。
GigaCC ASP ファイル共有機能
    • ワークフロー機能でポリシーに合せた運用が可能
      共有ディレクトリにファイルやフォルダをアップロードする際、承認ワークフローを利用することが可能です。
      すべての承認者の承認後にアップロードされる方式や、いずれか1名の承認者の承認後にアップロードされる方式、担当者不在時における代理承認者の設定、下位階層の承認を待たずに上位階層による承認など、お客様のポリシーに合せて、柔軟なワークフローを設定することが可能です。
      • ワークフロー機能
    • 利用者間のコミュニケーションを支援するコメント機能
      ファイル共有領域にアップロードされているファイルやフォルダに対して、アクセス権限のあるユーザからコメントを書き込むことが可能になります。書き込まれたコメントは、権限ユーザによる閲覧や返信もできます。
      GigaCC ASP上での意見交換や一歩進んだ情報共有を行うことで、利用ユーザ間のコミュニケーションを促進します。
    • ドキュメントや動画など豊富なプレビュー機能 new2.png
      ドキュメントプレビュー/動画プレビュー機能によって、Microsoft Officeドキュメント(Word/Excel/PowerPoint)やPDFファイル、動画ファイルのプレビューが可能です。
      これにより、ファイルをローカル環境にダウンロードすることなく、簡単にその中身を確認することができます。
      プレビュー画面を表示しながら修正依頼の説明をコメント機能で記入するなど、さまざまな利用シーンに対応します。

      ドキュメントビューアで表示、内容を確認しながらコメントの入力が可能
      ※画像クリックで拡大表示します
    • バージョン管理機能
      ファイルのバージョン管理(世代管理)が可能になります。
      カタログやマニュアルなど各制作プロジェクトにおいて、より効率的なファイル管理をサポートします。
      各ファイルのバージョンは、ファイルの詳細情報にて確認することができ、過去のバージョンの確認やダウンロード、最新バージョンとの置き換えなどが可能です。
    • 運用を便利にするさまざまな機能
      コメント・メタ情報を登録することで、必要なファイルやフォルダを素早く探し出すことができます。
      ゲストユーザへファイルやフォルダへのアクセスURLを発行したり、チェックイン/チェックアウト機能によりファイル編集の排他制御が可能です。
      さらにゲストユーザからのファイル収集機能や、アップロード/ダウンロード時の通知メール機能によって、日々の運用を便利に行うことができます。
    • 業務効率化を実現
      あらかじめ管理者によって許可されたユーザにより、アカウントを持たない他のユーザーに対して「招待アカウント」を発行する事で承認プロセスを簡略化し、ビジネスを中断せずに進めることができます。
      招待可能な範囲は管理者側で細かく制限することが可能です。
      また、ファイル共有機能をコマンドラインから操作を可能にする「コマンドラインツール」(※)により、社内システムとの柔軟な連携を可能にします。
    招待アカウント機能
※ASP Premium、OFFICEでは標準機能、ASPではオプション機能となります。

電話お問い合わせ先

オンラインお問い合わせボタン

PAGE TOP